多焦点眼内レンズを用いた白内障手術が3月をもって先進医療から外れます

『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』が2020年3月をもって先進医療から外れます。

4月以降は『選定医療』という扱いになる見込みで、手術費用(レンズ以外の)は通常の保険診療で多焦点眼内レンズ費用は自費になるいわゆる混合診療になる見込みです。

任意保険で先進医療特約に入られていて白内障手術を検討されている方は、3月までに手術をされることをお勧めします。

多焦点眼内レンズの白内障手術を検討中の方は是非ご相談ください。

 

2020年2月10日

コンタクトレンズ新規の方へ

コンタクトレンズ新規作成の方は受付時にお申し出ください。

春は新規作成の方が大勢受診されますので、人数によってはお受けできない場合があります。

新規作成の方は、診察、レンズの選択、装用テスト、装脱練習など1〜2時間程要しますので、時間に余裕をもっておこしください。

尚、新規作成の方は午前は11時、午後は5時までの受付とさせていただきます。

また、未成年の方は必ず保護者の方とおこしください。

 

 

2016年4月2日