多焦点眼内レンズを用いた白内障手術が3月をもって先進医療から外れます

『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』が2020年3月をもって先進医療から外れます。

4月以降は『選定医療』という扱いになる見込みで、手術費用(レンズ以外の)は通常の保険診療で多焦点眼内レンズ費用は自費になるいわゆる混合診療になる見込みです。

任意保険で先進医療特約に入られていて白内障手術を検討されている方は、3月までに手術をされることをお勧めします。

多焦点眼内レンズの白内障手術を検討中の方は是非ご相談ください。

 

2020年2月10日